横浜磯子介護老人保健施設 ブログ

感染症委員で勉強会を開きました。

こんにちは。磯子老健です
今回は、先日行われた、感染症委員主催の勉強会の様子を
お届けしたいと思います(^-^)/


定期的に、開催している勉強会、今回は『感染症予防のための手洗いの仕方』に
ついて学びました

DSCN3565.jpg

市からお借りした手洗いチェッカーを使用しました。
専用の液体をつけ、1度手洗い後、ブラックライトに照らし
洗い残しを確認しました。

DSCN3574.jpg

DSCN3572.jpg

DSCN3579.jpg


しっかり洗ったつもりが、まだまだ汚れが残っている職員もいて
改めてしっかり手洗いが必要なことがわかりました。

DSCN3568.jpg

DSCN3567.jpg


手洗い後は、感染症委員のほうから手洗い手順の用紙も配布され、
再認識することができました

感染症予防にはまず手洗い・うがいです。
みなさんも積極的に取り組んでくださいね(* ´ ▽ ` *)
スポンサーサイト
別窓 | 勉強会
∧top | under∨

ノロ対策の勉強会。

こんにちは、磯子老健です。

先日行われた、感染症委員会主催の、勉強会の様子をお送りしたいと思います(^-^)/

今回は、嘔吐物の対応についてでした。
この時期はノロウィルスなど感染症が怖い時期です。

磯子老健でも実際に対応キットを常時各階に設置していますが、
使う機会は少なく体験できる機会はなかなかなかったので、
参加した職員はとても勉強になりました。

2人1組になり、指示役、実際に吐しゃ物を処理する役に分かれ勉強会を行いました。

指示書はあるのものの、実際にやってみると意外と大変な手順。
試行錯誤し、頑張って取り組みました。


1部ですが、様子をお届けします(^∇^)

DSCN3227.jpg

まずはガウンをつけるところから・・
前には消毒液や、ガウン、手袋など必要物品が並びます。

DSCN3231.jpg

DSCN3230.jpg

DSCN3240.jpg


吐しゃ物は、ヨーグルトで代用しました。

DSCN3243.jpg

リハビリ科や、デイも体験に参加しました。

DSCN325.jpg


DSCN326.jpg



頭では説明を理解していても、なかなか実践で行うのは難しく、苦戦しているチームもいました。

ですが、今回行った勉強会のお蔭で、実際に起こった時に、より一層スムーズに対応
できるようになったのではないかと思います。

今回参加できなかった職員に対しても、各フロアで個別に指導を行っていく予定です。

発症してしまった際に、迅速に対応し、少しでも感染拡大を防げたら、と思います。

感染症委員のみなさま、準備等ご苦労様でした。

また勉強会があった際には、記事アップしたいと思います。


皆さまもノロやインフルエンザ、お気をつけてお過ごしください!
まずは手洗い・うがいの基本から( ̄^ ̄)ゞ
別窓 | 勉強会
∧top | under∨

「これでいいのかベッドマット」

___20151215171255804.jpg

12月25日(金)全体会議にて褥瘡委員会による勉強会が開催されます。
委員会メンバーの作成したポスターがあまりに可愛らしかったので、告知致します。

内容としては、ひとりひとりに会ったベッドマットをどのように選択するのか、
それが褥瘡の予防に繋がります。
年内最後の全体会議にて職員一同理解を深めたいと思います。
別窓 | 勉強会
∧top | under∨

第26回全国介護老人保健施設大会 神奈川 in 横浜

9月2日~4日はパシフィコにて
「第26回全国介護老人保健施設大会 神奈川 in 横浜」が開催されました。

kanagawa_zenkoku[1]
磯子老健からも5名参加し、
全国各地より集まった同じ老人保健施設の演題を聞くことができました。
image5.jpeg

image1.jpeg

私たち磯子老健からも2つの演題を発表致しました。

image_20150910135209090.jpeg
演題タイトル「気づけ信号!~手が止まるその理由~」

image2.jpeg
演題タイトル「リハ職種と介護職種に焦点をあてて~より良いケアの実現のために~」

毎年介護職員が参加させていただいてる大会ですが、
今年はリハビリスタッフからの参加も有り他職種協働での発表となりました。
施設内全ての職員がこの発表の為のためにフロアで取組みをし
当日、皆様にお伝えできたことを誇らしく思います。

来年は大阪にて開催されますので
今年の経験を活かし、看護師や相談員も含む他職種による発表をさせて頂きたいと思います。



別窓 | 勉強会
∧top | under∨

喀痰吸引等研修第二期生受講スタート

平成24年4月から社会福祉士及び介護福祉士法に基づき一定の研修を修了した
介護職員は喀痰吸引等の一部医療行為を実施することが制度化されました。

当グループの研修センターでは平成26年より神奈川県の研修機関の委託を受け、
喀痰吸引等の医療行為を業務として安全に的確に実施することが出来る
介護職員を養成することを目的として研修事業を開催しています。

本年度27年は6月より二期生の講習がスタートしました。

当施設からも一期生と合わせて5名の介護職員が参加しています。

磯子老健では受講希望者が講習に参加できるよう
フロアスタッフ全員でシフト調整をし応援しています。

法人内には実地研修先も多数有り。
法人全体で受講生をサポートしています。

受講を終えた職員からは
「法人内で受講・実地研修可能であり、勤務しながら短期間で資格取得が出来嬉しい。」
その他には
「生命に係わる資格であることを認識する事ができた」
「看護職の存在や重みを実感する事ができた」
という意見も寄せられています。

今後受講する職員にもこのような意識で取り組んでもらえたらと思います。
別窓 | 勉強会
∧top | under∨
| 横浜磯子介護老人保健施設 ブログ | NEXT